30代男性が早漏気味な体質に陥る原因を分析

早漏は俗にいう童貞の男性だけが抱える未熟な体質だと思われています。
しかし、実際は性体験の回数によって、左右される問題ではありません。

童貞でも遅漏の男性はいます。一方で性体験が豊富な30代男性でも早漏に困っている方々がいらっしゃいますので、一概に10代、20代だから射精が我慢出来ない、恋愛経験が豊富なベテラン男子なら、ポルノスターのような激しいピストンに耐えられる、といった図式にはなりません。

また20代の頃は快適に恋人やガールフレンドと性行為出来たにも関わらず、
なぜか30代頃から急に早漏になってしまった男性陣も一定数存在します。
性体験のキャリアを積む事で、PE気味だった体質が治った、という話は世間でよく耳にしますが、経験を豊富に積んでいるにも関わらず、人生初の早漏になってしまった方々もいます。

その原因として考えられるのがED気味な下半身です。
30代ともなれば、さすがに10代ね20代の頃と比べますと精力が落ち込みます。
自分では意識出来ていないだけで、既に30代でED気味な下半身になっている方々も多く、丁度その年代と言えば、責任ある仕事やポストを与えられているため、心労や過労による勃起力の低下が起きても、全く不思議ではありません。

ED気味な下半身は、少ない精力を何とか活用しようと、早漏的な射精で苦難を乗り切ろうとします。
そのため、仕事や人間関係で慢性的に疲れている30代男性は早漏的な射精になりやすく、若い頃の下半身とは別な状態になっていると自覚しなければいけません。
EDと早漏は因果関係が医学的にも認められており、PE治療薬またはED治療薬の服用で早漏体質が治る、とのアドバイスもあります。