早漏になる原因とは

早漏の原因で最も多いのは、ペニスが過敏になっていることです。皮膚や粘膜、感覚神経が敏感だと、少しの性的な刺激が射精を促します。若い人やスポーツに励んでいる人がなりやすいです。健康的な問題はないので、射精する直前にペニスを強く握るスクイーズ法や、パートナーの協力を得て射精のタイミングを調整するセマンズ法などのトレーニングで改善します。また包茎の人も早漏になりやすいです。特に仮性包茎の人で見られ、普段は亀頭が包皮で隠されています。勃起時に亀頭が露出すると、普段より刺激が強いことに耐えられずにすぐに射精してしまいます。仮性包茎は治療しなくても問題ありませんが、早漏を理由に手術を希望する人もいます。また性行為に不安や恐れがある人も上手く勃起を維持できません。始めて性行為をする場合は慣れていないので、早漏の症状が出る傾向があります。それがトラウマになってその後の性行為に恐怖心を抱けば、まともな性行為ができないので、自信を取り戻すケアが必要です。気持ちが前向きになったら、性行為の回数を増やして成功したというプラスの経験を忘れないようにします。さらに早漏は加齢が原因で引き起こされることもあります。年をとると若い頃と比べれば全身の筋力が低下します。射精を我慢するのに関わっているのは射精管閉鎖筋で、この筋力が弱くなると射精するつもりがなくても勝手に射精してしまいます。中年以降で学者のように頭脳を生かした職業の人が陥りやすいです。このような人々は若い頃から運動不足の傾向があり、元々筋肉が鍛えられていないので筋力の衰えが速いです。日常生活で運動を習慣にすれば、筋力アップが期待できるので早漏も改善されます。